「2つのことを同時に行なう力」は運動あそびで効果的に育てることができます。

子ども達が身に付けておきたい能力の1つに、「2つのことを

同時に行なう」という力があります。

赤ちゃんの時はできませんが、脳の発達に伴って少しずつ

できるようになっていきます。

さらにそれを促すように、日常生活での声掛けや運動あそびを

する中で力を育てていきましょう。

 

こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムの中から

「イメージ縄跳び」をご紹介します。

 

大縄跳びを跳びながら言葉遊びをします。

最初は「好きな食べ物」や「お母さんの名前」など

簡単に答えられるものから始め、「緑の野菜を3つ」などにも

挑戦してみましょう。

 

2つ目までは割りとスムーズに出てきますが、3つ目になると

少し考えなければ出てきません。

そして、考えている時間にも大縄跳びを続けるために

縄をよく見ながら一定のリズムを保つ必要があります。

余り答えが出ないようならヒントを出したり、

違う問題にするなどの対応で成功できるようにしましょう。

 

慣れてきたら1人ずつではなく3人ずつ縄に入り、

前の人から順番に答えていくという遊び方などもおすすめです。

少しずつステップアップできるように難易度調整をしながら

取り入れていきましょう。