運動での達成感が子どもの「やり抜く力」を育てていきます。

子ども達が将来社会の中で必要とされながら生きていくためには

物事を最後までやり抜く力を持っていることが大切です。

会社で任された仕事が難しいものでも最後まで投げ出さず、

しっかりとやり遂げることは社会人として基本的なことです。

 

大人になってから急に身につけられる力ではないので、

子どものうちから多くの経験を通してやり抜く力を

育てていくことが大切です。

 

今日はこどもプラスで提供している柳澤運動プログラムから

「すり足でジャングルツアー」をご紹介します。

ホールの中に跳び箱や三角コーン、縄、スリッパ、

鉄棒にマットをかけた物など様々なものを置いてコースを作ります。

コースを作る時は、いろいろな動きができるように

横向きで進むところ、跳び越すところ、くぐって進むところ、

足元の不安定なところなどを作るようにしましょう。

 

このコースを進んでいきますが、ただ歩いていくのではなく

すり足で足音をできるだけ立てないように静かに進むようにします。

そのために、「おさるさんになって、ジャングルの中を猟師に

捕まらないように進んでいく」という設定などがあると

子ども達もイメージしやすくなります。

 

すり足は普段の歩き方と違うので、身体コントロール力やバランス力、

集中力も養うことができます。

また、障害物を意識して歩くことで空間認知力も育ちます。

子ども達に合わせていろいろなアレンジをしながら、

楽しく運動あそびを作りあげていってください。