運動後は集中力が高まるので学習効率アップにも効果的です。

家族で遠出をする時、長時間のドライブで子ども達が途中で

飽きてしまい、騒ぎ出すことがありますよね。

そんな時、サービスエリアなどで休憩をとり走り回ったりして

少し体を動かすと、その後しばらく子どもが静かに落ち着いて

いられた、という経験はないでしょうか。

 

このように、体を動かすことで気分転換、ストレス発散ができたり

集中力が高まることで落ち着くことができます。

これは勉強中でも同じことがいえます。

長時間ひたすら机に向かって勉強をしても効率が悪く、

途中休憩を入れて少し体を動かしたりした方が

その後の集中力がぐっと高まるので、効率があがります。

 

そのため、私達も子ども達に運動あそびを提供する時は

そんなことも大事にしています。

保育園や幼稚園での制作活動や課題の前に運動を行ない、

少し落ち着かせる静かな時間を数分入れた後に

課題などに取り組むようにすると子ども達の姿が変わります。

ぜひうまく組み合わせてみてください。

 

今日はこどもプラスで提供している柳澤運動プログラムから

「横ジャンプ移動」をご紹介します。

 

数人ずつ横一列に並び、体を横向きにしたら肘を体の横につけて

ステップを踏むようにして横ジャンプでまっすぐ進みます。

もし途中で曲がって進んでいってしまう場合には、

 

足元にテープなどでコースを作って行いましょう。

顔の向きは進行方向ではなく正面を向いたまま進むようにし、

最初のうちは指導者が子ども達の前で向かい合って

見本を見せながら行います。

 

最近は横に動くような動作をする機会が少なく、

反復横跳びのような巧緻性を必要とする運動を苦手としている

子がとても多くなっています。

リズミカルに長い距離をできるように繰り返してみてください。