子ども達が生活スキルを高めていけるような関わりが大切です。

私達がスムーズに生活していくために必要な能力を「生活スキル」

と言い、子どもが成長していく過程での様々な経験や体験を

通して身につけていく能力です。

 

ほうきやちりとりの使い方、雑巾の絞り方、洗濯物の干し方、

お皿の洗い方、ご飯の盛り付け方、シーツの敷き方、

とても多くのスキルを大人になるまでに身に付けていくためには、

やはり日常の中での経験が何より大切です。

 

生活スキルを高めていくために、子ども達ができるだけ多くの

体験・経験ができるようにしていくことや、

家庭でのお手伝いやルール作り、

自分でできることは自分でやらせるようにするなど

大人の意識や働きかけがとても大切です。

 

私達こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムでは、

運動あそびを通してこうしたスキルの習得につながる

力を育てています。

 

その運動プログラムの中から「跳び箱でカエルの足打ち」

をご紹介します。

跳び箱に手をつき、指はしっかりと開いておきます。

顎を開いて前を向いたら、手は固定したままで足を後ろに上げ、

空中で1~2回足打ちをします。

「1,2,3」の掛け声に合わせて行なうとタイミングが

とりやすくなり、リズム感も養えます。

 

この遊びで必要になる力、育つ力は、主に腕で体重を支える

支持力と空中でバランスを保つ腹筋背筋、身体コントロール力、

そして高所感覚です。

 

地面ではなく跳び箱を使うことで跳躍姿勢が確保しやすく

なりますが、足を高く上げすぎたり、腕で体重を支えきれなかったり

すると落下してしまうことがあります。

必ず、子どもの肩と胸を押さえる補助を行なってください。

 

足を高く上げて足打ちができるようになると跳び箱や側転で

ふわっとした綺麗な動きができるようになります。

良い見本、悪い見本をわかりやすく見せながら、

イメージを持ってできるようにすることが上達への近道です。

 

ぜひ楽しく遊びながらできるように、いろいろなものと

組み合わせたり動きを工夫しながら取り入れていってください。