小学生の「投げる力」の低下が顕著になっています。

小学生の体力テストの結果からも、子ども達の「投げる力」の

低下は顕著です。

子ども達の遊びの変化などからくる投げる動作の経験不足が

大きな要因のひとつになっています。

 

小さいうちから無理なくボールを投げる動作が経験できるように、

まずは小さな手でもつかみやすいビニール袋で作ったボールでの

ボール遊びがおすすめです。

 

まずはボール作りです。

スーパーなどに置いてある小さいビニール袋に

丸めた新聞紙を詰めて口をしっかりとテープで閉じます。

このボールをたくさん作っておき、投げる練習をします。

ビニール袋なのでつかみやすく、腕を振り上げても手から

落ちることがないので簡単に投げられます。

いろいろな方向に投げて遊んでみましょう。

 

他にも、子ども達を2つのチームに分けてこのボールを投げあい、

より多く相手チームにボールを入れた方が勝ちという遊びなど

いろいろな遊び方ができます。

ボールを作る段階でも、手先の器用さを養うことができるので、

ぜひいろいろなアレンジをしながら遊んでみてください。