赤ちゃんは生後から体の感覚機能が発達しています。良い刺激で脳の発達を促しましょう。

生後間もない赤ちゃんは、自力で動き回ることはできませんが

体の様々な感覚機能はすでに発達していて、

その後短期間のうちに急速に発達していきます。

中でも触覚は生まれた頃からとても敏感で、様々な原始反射も起こります。

有名なものでは把握反射やモロー反射などがあります。

 

この原始反射は前頭葉が発達することで生後数ヶ月で

消失していくので、発達の指標にもなっています。

発達障害とも関連していることがあるので、

日頃からしっかりと観察してあげることが大切なことです。

 

そして、五感を刺激するような感覚あそびも積極的に

とりいれて、体・心・脳の発達を促していきましょう。

 

今日は、こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムの

運動あそびの中から「抱っこからぐるりんぱ」をご紹介します。

 

子どもと向かい合って立ち、手のひらを子どもに向けて出して

両方の親指を握らせます。

そしたら子どもの手を包むようにつかんで「1,2の3」で

跳び上がらせ、大人のお腹に足をまわしてしがみつきます。

両足でしっかりしがみついたら、手を放してそのまま子どもは

後ろに倒れて逆さまになります。

 

逆さまになった時に子どもが手をバンザイにできていたら、

恐怖心なく逆さまになれているので、大人はそこから持ち方を変えます。

子どもの腰の辺りを持って、子どもの足を自分の手の間から

抜くようにして回します。

回ったら子どもは下に手をついて、足の裏でしっかり着地します。

 

よくある「ぐるりんぱ」は、手を持って大人の足を駆け上がって

回りますが、小さいうちはまだ肩がねじれて危ないので、

この方法で肩をねじらずに回るぐるりんぱがおすすめです。

 

逆さまの感覚や回転感覚を身に付けながら、親子のスキンシップ

遊びとしてもとてもおすすめなので、園や家庭でも

たくさん遊んでほしいと思います。