縄跳びの習得には手と足を別々に動かす力をつけることが重要です。

小学校に入っても縄跳びが苦手という子は、決して少なくないと思います。

縄跳びが苦手なのは、縄を回すタイミングとジャンプの

タイミングを合わせるのが難しかったり、

手と足で別々の動きをするのが難しいということがほとんどです。

 

普通にジャンプをする時は、手も足も上に上げます。

しかし縄跳びでは、ジャンプの時手を下に下げます。

この、手と足を別々に動かす協調運動が苦手な子は、

縄跳びだけでなく跳び箱やマット運動、スキップなど他の運動も

苦手な傾向にあります。

やはり体を動かす経験が少ないことが原因としてあるので、

幼児期からたくさんの体の動かし方を経験できるように

してあげることがとても重要です。

 

こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムは、

1歳前の赤ちゃんから取り組むことができ、

年齢や発達段階に応じた運動あそびで全身を動かして遊ぶことができます。

発達段階に合わせることで、無理なく楽しく、そして効果的に

運動能力の発達を促すことができます。

 

その運動あそびプログラムの中から「スキップの途中で大ジャンプ」

をご紹介します。

まず、全員で自由にスキップをします。

途中で指導者が笛やタンバリンなどで合図をするので、

合図があったら止まり、「1,2の3!」の掛け声に合わせて

その場で大きなジャンプをします。

大きなジャンプをするには、腕振りと足の振り上げの

意識が重要になります。

 

スキップと大きなジャンプの違いがわかりにくいことがあるので、

最初に指導者がわかりやすく見本を見せてください。

しっかりとイメージを持って行なうことが上達につながるので、

見本の時間は何度か入れるのがおすすめです。

 

大ジャンプの時は、指導者を見ながらみんなで息を合わせることが

大事なポイントになります。

そうすることで人に意識を向ける力、社会性が育ってきます。

 

また、ジャンプの後の着地でバランスを崩してしまう場合、

足の指先の踏ん張る力、腹筋背筋など体幹の筋力が弱いことが多いです。

ジャンプ遊びは体幹や指先の力を鍛えるのに効果的なので、

足を揃えたジャンプ遊びを日常的に取り入れてみてください。

柳澤運動プログラムには、ジャンプ遊びが豊富に揃っています。

 

まずは楽しくスキップ遊びを楽しめることが大切なので、

段階に合わせて少しずつ上達を目指しながら遊びこんでいってください。