黒板からの書き写しが苦手な子には、眼球運動のトレーニングができる運動あそびが最適です。

「文字を書くことは問題なくできるのに、黒板の文字をノートに

書き写すことが苦手でとても時間がかかってしまう。」

こんな子ども達がいます。

 

黒板からの書き写しをする時、黒板とノートを交互に見ながら

空間を的確にとらえることが必要になるので、

目の焦点を移す眼球運動ができることが必要です。

 

これは、遊びの中でトレーニングをすることができるので、

目の動きがスムーズになるように、まずは大きな対象物を

目で追うような遊びを提供しましょう。

 

今日は、こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから

「タッチタッチゲーム」をご紹介します。

指導者と子どもで向かい合い、目線を合わせます。

指導者が手を出したら、子どもはそこにタッチしますが、

上下左右いろいろな場所に出していきます。

素早くタッチできるように、集中してよく見るように伝えましょう。

 

また、慣れてきたら「パー」の時はタッチする、

「グー」の時はタッチしない、というルールでも遊んでみてください。

速くしたり遅くしたりリズムを変えてみると、盛り上がりますよ。

 

友達同士や親子遊びとしてもおすすめなので、

ぜひ日常的にできるように工夫してみてください。