運動が苦手だと運動が嫌いになりますます体を動かさない悪循環になります。

”学校の体育の授業が嫌い”という子どもの多くは、

運動が苦手な傾向にあると思います。

跳び箱や大縄跳び、逆上がりなど学校の授業でもやる運動が

うまくできなければ、楽しくないだけでなく

友達からかわかわれたり、集団で行なう大縄跳びなどでは

いつも引っ掛かって友達から責められてしまうこともあり

ますます運動から遠ざかってしまいます。

 

運動をしなくなればますまず運動が苦手になり、

悪循環に陥ってしまいます。

一度運動嫌いになってしまうと、運動を好きになることは

簡単ではないので、小さいうちからたくさん体を動かして

遊び、運動することを好きになっておくことが大切です。

 

私達こどもプラスが提供する柳澤運動プログラムは、

0歳や1歳からでも取り組むことができる運動あそびです。

ぜひ早い段階から取り入れて、子ども達の心身の発達を促し、

同時に脳育ても行なっていきましょう。

 

柳澤運動プログラムの運動あそびの中から、大縄跳びの

練習になる「小波跳び」のご紹介です。

大縄の端を柱などに結び付けて固定したら、

もう片方の端を指導者が持ちます。

 

縄は回さずに子どもの足元で左右にゆらゆら揺らすだけにします。

子どもはその縄に引っ掛からないように跳びますが、

足元にはテープなどで四角い枠を作っておき、

その中から出ないようにします。

 

腕を大きく振って体を上に持ち上げるようにし、

その場での連続ジャンプができるようにします。

ジャンプをする時は、足を閉じた状態でできるように

膝の間に紙やハンカチを挟んでおくのがおすすめです。

 

縄の動かし方で難易度調整が簡単にできるので、

慣れるまでは縄の動きを子どものジャンプに合わせるようにし、

引っ掛からずに楽しく遊べるようにしてください。