子どもの学力を伸ばすためには運動との組み合わせが効率的です。

1月も後半にさしかかり、進学・進級に向けて

子どもの学力を向上させたいと思われている保護者の方も

多いと思います。

そんな中で子どもが小さいうちから学習塾に通わせるという

ご家庭も多いとおもいますが、

子どもの学力を伸ばすためには、机に向かって勉強をするだけでは

あまり効率の良い方法とはいえません。

 

子どもの学力は運動能力と密接に関わっています。

勉強と運動をうまく組み合わせて、効率よく学力向上を

目指していくことが大切です。

 

私達は運動あそびで子ども達の体や脳の発達を促しています。

その運動あそびプログラムの中から「ウシガエルの線路上進み」

をご紹介します。

 

まずウシガエルの動きは、足を股関節からしっかり開いてしゃがみ、

両手はパーに開いて真ん中に揃えてついた姿勢から、

手→足→手→足の順番に前に出して進む動きです。

 

このウシガエルの動きを、線路を使って行います。

床に2本のテープなどを使って線路に見立てたものを作ります。

子どもはウシガエルの姿勢になったら、顔を前に向けます。

そして両手を線路の中についたら、ジャンプして

足は線路の外側につきます。

手→足→手→足の順番に前に出す動きを繰り返して

線路を進んでいきます。

 

手をつく時に、手のひらを浮かせて指先だけでついてしまう

子がいますが、怪我をする可能性があるので

指先ではなく手のひらまでしっかりつくようにします。

また、足をつく位置は、手の横か手よりも前にくるように意識します。

この時顔が下を向いていると、前のめりにつぶれてしまうので、

顎を開いて前を向くことと腕に力を入れておくことを

見本を見せる時にしっかりと伝えてください。

 

もし手と足が一緒にジャンプしてしまう子がいたら、

子どもの後ろ側に回り、両手を持って大きく前に出してあげる

補助をしたり、隣で一緒に動いてあげるとやりやすくなります。

 

ウシガエルの動きでは、腕に全体重を乗せるので腕の支持力が強く育ち、

手と足で別々の動きをすることで協応力も養うことができ、

跳び箱の跳び越しにつながる力をつけることができます。

日々継続して行なうことができるように、

様々なアレンジを加えて遊んでみてください。