幼児期は早期教育よりも遊びで基礎力を養うことが大切です。

幼児期は脳の神経系の発達が盛んな時期で、様々な基本動作を

最も身に付けやすい時期でもあります。

この時期に見つけた動作は大人になっても体が覚えているので、

発達が著しい幼児期にはできるだけ多種多様な体を動かし方、使い方を

経験しておくことが大切です。

 

まだ特性のスポーツの技術だけを上達させる時期ではないので、

運動あそびでまずは体の基礎的な発達を促していきましょう。

 

今日は、こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムの

運動あそびの中から「走り前回し跳び」をご紹介します。

走りながら前回し跳びをする動きで、短縄跳びが跳べることが

前提の遊びです。

 

走る動作と縄跳びを回して跳ぶ動作を同時に行うので、 

走る速度と縄を回す速度を調整し、タイミングを合わせながら

行なう意識が大切です。

その場で跳ぶ短縄跳びは、「跳ぶ」「着地」というように

「静」と「動」がはっきりしているので動きが理解しやすいですが、

走り前回し跳びでは常に動きながらの動作なので難易度が上がり、

リズム感や抑制力も必要になります。

 

また、手と足で別々の動きをするので、その協応力が弱いと動きを

連動させることができず、うまくできません。

その場合は縄を2つ折りにして片方の手で持ち、

頭の上で回す「カウボーイ」をしながら走ってみたり、

タオルを細長くして両手に持って回しながら走ってみるなどの

練習方法もあります。

 

縄に引っ掛かってばかりでは子どもも楽しくないので、

子どもに合わせた難易度調整をしていくことで

継続につなげていきましょう。