小学校入学に向けて大切になるのが感情をコントロールする力です。

小学校入学に向けて子ども達が身に付けておきたい力として

「感情コントロール力」があります。

まだ脳の発達から見て、幼児期や小学校低学年頃の子ども達が

大人のように感情をコントロールすることは難しいですが、

サポートしながら少しずつ力を育てていくことが大切です。

 

感情をコントロールするには、前頭前野を働かせて

思考をすることが必要なので、前頭前野を活発に働かせるような

活動を日々の中で意識していくことが大切です。

 

私達こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムは、

運動あそびで楽しく全身を動かして遊びながら、効果的に脳の発達を

促すことができます。

 

その運動あそびプログラムの中から「しゃがみカニ歩き」

をご紹介します。

平均台の上に横向きでしゃがんで乗り、両手は顔の横でチョキにして

つま先立ちでカニ歩きをして歩いていきます。

 

しゃがんで横歩きをするだけでも意外と難しいですが、

つま先立ちで背すじを伸ばして歩くことでかなりのバランス力と

足の指先の踏ん張り力を必要とします。

すぐにバランスを崩してしまう場合は平地で練習をしたり、

指導者が手をつないで補助をしてあげてください。

また、手をチョキにすることでバランスをとることへの

意識が薄くなってしまいがちなので、バランスがとりにくい子は

手をチョキにしなくても構いません。

 

この遊びでは、全身の筋力調整をする力が強く養われるので

普段人の話を聞く時に、体を止めて聞くことができるようになります。

慣れてきたら、平均台の上に縄やスリッパなどの障害物を置いて

またいでいくようなアレンジもさらに強いバランス力を養うことができ、

腹筋や下半身の筋力も育てることができるのでお勧めです。

 

子ども達の年齢や発達段階、その日の様子などにも合わせて

提供してみてください。