子どもは本来学ぶ意欲を持っているので、それを引き出す工夫が大切です。

子どもは本来、「学びたい」という意欲を持っています。

これを最大限に引き出し伸ばしていくためには、

子どもの発達段階や能力、年齢などに合った内容を提供することが

とても重要なことです。

難しすぎたり、反対に簡単すぎたりすると学習への興味も意欲も

なくなってしまいます。

 

子どもが興味を持ち、面白い、楽しいと感じながら取り組めるものだと

どんどん学習意欲が沸いてきて、飽きることなく力を

つけていくことができるので、勉強でも運動でもそれを踏まえた

課題を与えることが大切です。

 

今日は、こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムから

「足抜き回りで空中静止」をご紹介します。

 

まず、鉄棒で逆さまにぶら下がる「コウモリ」になります。
次にそこから両足を鉄棒から離して伸ばし、

空中で体をくの字にして静止します。

 

最も必要になる力は「逆さ感覚」です。
逆さ感覚がまだ身についていない子は、逆さまの状態で
体を操作をすることが難しいだけでなく、
怖くてとっさに鉄棒から手を離して落下しまうことがあります。
必ず手を握ったり、背中を支える補助を行いましょう。

 

こうした遊びを繰り返し行ない、逆さ感覚やバランス感覚を

遊びの中でしっかりと養うことが、その後の遊びの幅を

広げることにつながっていきます。

 

一度怖いと感じてしまうと、それを改善するのはとても難しいので

小さいうちから遊びの中で養っていきましょう。