子ども達の運動不足・体力低下は想像以上の悪影響をもたらします。

今の子ども達の中には「だるい」「めんどくさい」「疲れた」

という言葉がとても多く聞かれます。

保育園・幼稚園児でもそのような姿が多く見られます。

普段から体を動かしていないと運動が苦手になり、外で遊ぶことにも

興味がなくなってますます体を動かさなくなってしまいます。

 

子どもの運動不足、またそれに伴う体力の低下は

想像以上に様々な影響をもたらします。

「肥満や生活習慣病のリスクが上がる」

「集中力の低下」「意欲や気力の低下」

といったことが挙げられ、これらは心や体の健康と成長、

 

勉強や人間関係など日常生活のあらゆることに影響してきます。

 

子どもの頃に運動を嫌いになってしまうと、なかなか運動を習慣として

行なうことが難しくなってしまうので、

まずは体を動かすことの楽しさを感じてもらうことが大切です。

 

そのために私達こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムの

中から、今日は「カメのポーズ」とその発展遊びのご紹介です。

まずうつ伏せに寝たら、背中を反らせて両手で足首をつかみます。

そのままゆらゆら揺れて遊んでみます。

 

単純な遊びですが、腹筋、背筋、腕や足などの強い筋力と

柔軟性を刺激することができ、ここからマット運動での

後転や側転の動きにもつながっていきます。

 

季節に合わせて、このカメさんの姿勢から「コマ回し」で

遊ぶのも盛り上がっておすすめです。

やり方は、子どもがカメさんのポーズになったら、大人が上から

子どもの手の辺りを持ってぐるぐると回します。

最初はゆっくり、慣れてきたら勢いよく回してあげると

とても楽しく遊べて、バランスを取るための体幹もとても強く育ちます。

 

子ども達の日常生活力向上のために、ぜひ楽しくアレンジしながら

提供してみてください。