リズム感を育てることは音楽だけでなく運動や会話の上達にも効果があります。

「リズム感」は、人間の生まれ持った知能の1つですが、

育っていく過程でその能力を育んでいく必要があります。

リズム感が養われると、運動の面では、一定のリズムで体を動かしたり

タイミングを合わせて動くといった部分が上達し、

人と会話をする時にも言葉の「間」を感じ取ることができ、

会話のキャッチボールがうまくなります。

 

普段からリズムを意識した遊びや声掛けを取り入れていくことで

子ども達のリズム感を育てていきましょう。

 

今日は、こどもプラスが提供する柳澤運動プログラムから

「跳び箱カンガルー乗り&タンバリンタッチ」をご紹介します。

 

まずは1段の跳び箱を用意し、その上に両足を揃えた

カンガルージャンプで跳び乗ります。

膝を深く曲げて、両腕を大きく振ってジャンプしましょう。

次に跳び箱からジャンプして降りますが、両足を揃えて跳び、

指導者が持っているタンバリンをタッチしてから着地します。

 

タンバリンを出す位置は少しずつ上下左右でずらしたり、

遠くに離したりして難易度調整をしていきます。

また、跳び乗りに慣れていないと跳び箱につまづいたり

足が開いてバラバラになってしまうので、隣で手をつないで跳び乗る

など、まずは跳び乗りの練習をしてみてください。

 

慣れてきたら指導者の掛け声に合わせて動けるように

「1」で跳び乗り、「2」で跳び下りるようにしていきます。

最初はゆっくりめのリズムから始め、少しずつ速くしていきましょう。

 

跳び下りながらタンバリンタッチをするには、自分とタンバリンの

位置を正確に把握し、必要な力と姿勢を考えることが必要です。

そして指導者の掛け声に合わせることで、素早い情報処理力や

リズム感が養われますが、そこにばかり気をとられるとジャンプの時に

両足がバラバラになってしまったりします。

まずはゆっくりで良いので、跳び箱に跳び乗る→目標物を確認する

→両足を揃える→跳ぶ→叩く→着地するという流れの動作を

確実にしていきましょう。

 

そして、正確に素早く動けるといった体の器用さをしっかりと

育てていくことが幼児期の子ども達には大切なポイントです。