外遊びは子どもの体と心を育て、脳の発達も促します。

寒い日が続くと外に出るのが億劫になって、家の中でばかり過ごして

しまいがちですが、子どもにとって外で遊ぶことはいつの時期でも

必要なことです。

外で体を動かして遊ぶことは強い体と心を作り、脳にも良い刺激を

与えて発達を促してくれる効果もあります。

 

冬には冬にしかできない遊びや、季節ごとの遊びもたくさんあります。

子ども達がより多くの経験をしていけるように

大人も一緒に遊んでみてください。

 

今日は、こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから

「なぞなぞ横跳び」をご紹介します。

 

赤と黄色など、色の違う2本の縄を床に並行に並べて置きます。

子ども達は5~8人ずつその2本の縄の間に一列に並び、

指導者が指示した色の縄を横跳びで跳び越します。

跳ぶ時は一人一人バラバラに跳ぶのではなく、「せーの」の

合図に合わせて一緒に跳ぶようにします。

 

色の指示をする時は「赤い縄を跳びましょう」

「いちごの色を跳びましょう」

「赤じゃない方を跳びましょう」

「黒い縄(無い色)を跳びましょう」

「先生が出した旗の色の縄を跳びましょう」

「ステージに近い方の縄を跳びましょう」

など様々な要素を盛り込んだ指示で、子ども達の聞く力、

イメージ力、判断力、空間認識力や状況判断力などを育てていきましょう。

そして、自分のタイミングではなく全員同時に跳ぶことで、

集中力や抑制力なども育てていくことができます。

 

こどもプラスの提供する柳澤運動プログラムは、子ども達の年齢や

発達段階、興味などに合わせていろいろなアレンジをすることができます。

楽しく遊ぶことが何より大切で、子どもがやらされていると

感じてしまうと効果が大幅に減ってしまうので、

子ども達に合わせた楽しい遊びを作り上げていってください。