子どもが自信を持って物事に向かっていける姿勢や気持ちを育てる働きかけが大切です。

子ども達は日常生活の中で様々なことを身に付け、

できるようになっていきますが、その中で自分のできないことが

あった時に、自らそれに対して向かっていくという姿勢や気持ちが

持てることがとても大切です。

 

そのためには自分に自信を持てていることが必要ですが、

自信をつけるために効果的なのが「運動」です。

運動は、自分からも他人からもできるできないが目に見えやすいので、

保育園の子ども達なら「逆上がりができる」「跳び箱が跳べる」

というようなことが自分にとってのステータスになり、

自信につながっていきます。

 

子ども達が自分に自信を持ち、物事に前向きにチャレンジしたり、

できないことに向かっていく力を付けていけるように促していきましょう。

 

今日はこどもプラスが提供している柳澤運動プログラムの中から

「手押し車でじゃんけん」をご紹介します。

 

子ども達は、2人ペアになり手押し車をします。
手押し車のポイントは、前で手をついて歩く子は膝を伸ばして

足首を立てておくこと、腹筋背筋に力を入れて

体が反らないようにすること。
後ろで足を持つ子は、足首ではなく膝や太ももの辺りを持つようにし、
ペースを前の子に合わせて歩くことです。

 

そして、子ども達が手押し車で移動している途中で、

指導者はじゃんけんをするように指示を出します。
子ども達はその時一番近くにいるペアとじゃんけんをします。
じゃんけんは、前の子が行います。
できるだけ多くのペアとじゃんけんができるように挑戦しましょう。

 

手押し車の姿勢でじゃんけんをするためには、片手を離さなければ

いけないので、腕の力やバランスをとるための体幹の力も強くなります。

また、ペア遊びであること、合図があったら近くの友達を探して
じゃんけんをすることで、社会性の発達もしっかりと促すことができます。

 

慣れてきたらじゃんけんの後に「あっちむいてほい」もプラスするなど、

いろいろなアレンジを加えながら

楽しく効果的な遊びを作り上げてみてください。