運動は室内でも身近な物を使ってできるものがたくさんあります。

「運動が大切」ということは頭ではわかっていても、毎日継続するのは

意外と難しいことですよね。

運動というと走ったりジャンプしたり、屋外でするような動きをイメージ

しがちですが、屋内で簡単にできる遊びもたくさんあります。

 

タオルや新聞紙、座布団やロープなど、身近にあるもので

いろいろな遊びができるので、毎日少しで良いので体を動かす遊びを

取り入れていってほしいと思います。

 

今日は、こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムから

「フープでぶら下がり遊び」をご紹介します。

 

ホースを切って作った小さめのフープを子どもに握らせて、

フープごと上に持ち上げてみます。

もしフープがなければ、タオルを細く折った物を使っても良いです。

 

未満児さんでは、まだしっかり握れていない時に言葉で「握って」と

言ってもできないので、まずは子どもと向かい合った状態でフープを

捕まらせたら、片足を子どもの股の間に入れてお尻を持ち上げる

補助をしてあげると、手に力が入りやすくなります。

その場合は、あまり持ち上げずに子どもが腕に力を入れられているか

どうかを見るだけでも良いです。

 

発展遊びとして、子どもを仰向けに寝転がらせてフープを握らせたら、

そのままフープを引っ張って子どもを引きずって遊ぶのもおすすめです。

 

家庭でも気軽にできて、鉄棒遊びなどで役立つ握力や腕を引き付ける力、

腹筋背筋などを楽しく身につけることができるので

ぜひ親子のスキンシップや大人の運動不足解消のためにも

日常的に取り入れてみてください。