子どもは2歳頃になるとジャンプ遊びができるようになります。

子ども達は2歳頃になると、自分で跳びはねて遊べるようになりますが、

少し高さのあるところから跳び下りてみると

足がバラバラになってしまうことが多いです。

 

両足を閉じてジャンプをすると、着地で腹筋や足にグッと

力が入るので筋力アップが期待できます。

足がバラバラだとあまり力を入れて踏ん張らなくても良いので

力が育ちません。

 

両足での跳び下りと跳び上がりのジャンプができるように、

遊びの中にジャンプ遊びを積極的に取り入れていってください。

 

これからご紹介するのは、こどもプラスで提供している

柳澤運動プログラムから「ジグザグフープジャンプ」です。

床に小さめのフープをジグザグになるように置いて、子どもはその中を

ジャンプしていきます。

 

ジグザグに跳ぶと足がバラバラになりやすいので、その場合は

足をくっつけたままジャンプできるように補助をして練習をします。

まず最初のフープの中に入ったら、子どもに向けて両手のひらを出し、

親指をつかませて手を握ります。

そして大人はジグザグになっているフープの真ん中に入って、

子どもを持ち上げながら一緒に進んでいきます。

子どもは足を揃えたままで、左右ジグザグにジャンプしていきます。

 

ジャンプする時は、「1,   2の」の掛け声で一度膝を曲げて

しゃがませてから、「3」のタイミングでジャンプをするようにし、

慣れたところで連続でジャンプするようにしてみましょう。

 

ジャンプ遊びは足の踏ん張る力や腹筋背筋といった体幹の筋力を

効果的に養うことができる遊びです。

子ども達も楽しく取り組みやすい遊びなので、ぜひいろいろな

アレンジで遊びこんでいってください。