運動あそびが子ども達が身につけるべき基礎的な身体能力を育てます。

文部科学省では、「すべての子ども達が身につけるべき身体能力」として

以下の7つの要素を掲げています。

・筋力

・筋持久力

・瞬発力

・心肺持久力

・敏捷性

・平衡性

・柔軟性

 

これらの力は、一昔前の子ども達は日々の遊びや家庭でのお手伝い

などから意識しなくても自然と身についていましたが、

便利で身体を動かさなくても生活できる現代では

なかなか自然に身につかなくなっています。

 

こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムでは、

豊富な運動あそびでこれらの力の発達を、遊びながら促していきます。

今日はその運動プログラムの中から、タオルを使った遊びをご紹介します。

 

タオルを用意して床に広げて置きます。

子どもはその上に体操座りのように座り、タオルの横を持ちます。

そしたら大人がタオルの端を持って後ろ向きに歩き、引っ張っていきます。

 

子ども達は慣れてくるとタオルをしっかり握って倒れないように

バランスをとることがうまくなるので、

バランスが取れるようになってきたら、まっすぐに引っ張るだけでなく

左右に振りながら引っ張ってみてください。

 

しっかり力がついてくると、しゃがんだ姿勢でもできるようになります。

最近はしゃがむことが苦手な子ども達も増えているので、

こうした遊びで取り入れていくのがおすすめです。

 

タオルの他に新聞紙などでも代用できるので、

一緒に楽しく遊んでみてください。