足指や土踏まずに未発達によってかかと重心でぺたぺた歩きの子ども達が増えています。

最近は、小さな子ども達でも背中を丸めてかかとに重心をかけて

地面をぺたぺたと歩くような姿をよく見かけます。

これは土踏まずが発達していない偏平足や、足の指の機能の未発達などと

関係しています。

 

近年の子ども達は運動不足によって足の機能が衰えてしまっています。

小さい頃からの全身を動かす運動あそびで基礎力を養い、

日常生活での動作向上や健康な体作りを目指していくことが必要です。

 

こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムの中から

「反復横跳び移動」をご紹介します。

 

スタートラインと、そこから少し離れたところにコーンを置きます。

子どもは反復横跳びの動きで進み、コーンの位置で折り返して

戻ってきます。

慣れてきたら制限時間内に戻ってこれるようにしましょう。

 

コーンを曲がる時にバランスを崩しやすいので、

その場合はゆっくり曲がるように声掛けをします。

 

制限時間があるので、ある程度のスピードで進みながら

コーンでもリズムやバランスを崩さないように意識を集中させ、

空間認知力を強く使いながら体を動かします。

これによって複数のことに同時に意識を向ける力が育ちます。

 

慣れてきてスムーズにできるようになったら、

子ども達をいくつかのチームに分けてリレー形式で遊ぶと盛り上がります。

また、協調性が養われたり仲間意識を高めることにもつながるので

子ども達の様子に合わせて取り入れてみてください。