体格は向上していても身体能力は低下している子ども達には運動あそびが最適です。

今の子ども達は、身長や体重などの体格面では向上していますが、

瞬発力や敏捷性、筋力や持久力、柔軟性など運動能力は低下傾向にあります。

 

体格は栄養状態が良ければ向上しますが、身体能力は何もしなければ

身につかず、意識的に養っていく必要があります。

今の子ども達は運動不足が深刻なので、ちょっとした運動を

しただけで捻挫や骨折などをしてしまうことが少なくありません。

 

子ども達の体を育て、心の発達や脳の発達も促す運動あそびを

幼児期から継続していくことが大切です。

 

こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムから

「足抜き回りでポーズを決める」をご紹介します。

鉄棒に両手でぶらさがり、膝をかけて逆さまになります。
そこから膝を離して回転し、着地と同時にポーズを決めます。

 

ポイントは、回転する時に顎を開いて床を見ながら、

回転をコントロールしてゆっくり回ることです。
勢い良く回転すると、落下したり肩を脱臼してしまうことがあり危険です。

「ゆっくり回ろうね」と声掛けをしても楽しくなると

勢いを楽しみだしたくなる子がいるので、

着地ポイントにフープを置いておき、下を見てゆっくり
回って着地ができるように促していきます。

 

また、着地したらポーズを決めることを覚えておくことも大事です。
ポーズは、指定したポーズでも自分の好きなポーズでも良いので、

ピタッと止まる着地を目指して遊んでみてください。