5歳までに脳の機能のほとんどが完成するので発達を促す働きかけが重要です。

子ども達の脳は、5歳までにそのほとんどが完成するとされています。

そこで、0歳からの脳の発達が著しい時期に、より発達を促すような

働きかけ、取り組みをしていくことが大切です。

 

そのためには幼児教室に通わせて勉強をさせることよりも、

五感を刺激する体験や楽しく好奇心を刺激するような体験を

できるだけたくさん経験できるようにすることが必要です。

そして、体と心と脳の健全な発達を促し生きる力を育んでいきましょう。

 

私達こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムは、

子ども達が楽しく体を動かしながら体力や運動能力を身につけ、

幼児期の脳の発達を促進することができる運動あそびプログラムです。

 

その運動プログラムの中から「棒またぎくぐり」をご紹介します。

フラフープを椅子にかけて、高さのある障害物を設置します。
このフープの中を歩いて渡っていきますが、
フープに足などが当たらないように気をつけながら進みます。
帰りは、フープの中にまたいで入ったらうつ伏せになり、

這うように進むワニ歩きで出ます。

 

慌てて行なうとフープにひっかかって椅子が倒れてしまいます。
ゆっくりで良いのでフープに当たらないように行います。

フープに当たらないようにスムーズに進むためには、
自分の体の見えている部分だけでなく、後ろの脚やお尻、背中など

見えない部分にまで意識を行き届かせることが重要です。

 

この感覚が育つと、体のバランスが崩れた時にも転びにくくなり、

日常生活の中での怪我の防止にもつながります。

フープにどうしてもひっかかってしまう場合は、

まっすぐの棒や縄にすると難易度が下がるので、

1人1人の段階に合わせた遊び方で行なってみてください。