幼児期には社会性を養う関わりや遊びが大切です。

子どもは成長と共に社会性を身に付けていくもので、遊びながら

ルールを守ることや自分の意見を主張すること、相手の意見を

受け入れること、仲間と協力することなどを覚えていきます。

 

できるだけ多くの人とコミュニケーションをとることが

社会性、コミュニケーション能力の発達を促すために

重要になってくるので、人と人との関わりをできるだけ

たくさん持てるように働きかけていくことが大切です。

 

こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムは、

子ども達の社会性の発達を促すことにも特化しているので

幼児期の子ども達にとてもおすすめです。

 

その運動プログラムの運動あそびの中から「足開きソリ」をご紹介します。

子ども達は2人組みになり、1人が足を開いて座ります。

もう1人は座っている子の前に向かい合って立ち、

両手を持って後ろ向きに引っ張っていきます。

 

座っている子は、腹筋背筋に力を入れて転ばないようにバランスをとり、

足の親指にも力を入れて足をしっかり開いておきます。

引っ張る子は足の指先に力を入れて踏ん張りながら引っ張ります。

 

スムーズに進むには、2人の息を合わせることがポイントです。

どちらかが力を抜いているとうまく進めないので、

相手をよく見ながら行なうようにします。

特に引っ張る子は、急に勢い良く引っ張ったり急角度で曲がったりすると

危ないので、相手を意識することが大切になります。

 

集団遊びの前段階としてペア遊びで社会性を養っておくことが

大切なので、ぜひ積極的に取り入れてみてください。