先生は運動の上手な見本よりも「悪い見本」をしっかりと見せることがポイントです。

子ども達に運動指導をする時は、言葉での説明にプラスして

見本を見せることが多いと思います。

この時、「自分は逆上がりや跳び箱などができなくて、上手な見本を

子どもに見せられなくて困っている」という現場の先生の声を聞きますが、

先生はできなくても構いません。

 

上手な見本は、むしろ子ども達にやらせてあげてください。

先生は、できない例や危ない例、やってはいけない例などの見本を、

わかりやすく見せてあげることが大事です。

そうすることで、見本をやった子はみんなから拍手をもらったり

先生に褒められることで自信をつけることができ、

その後の活動も前向きにやる気を持って取り組むことができます。

 

ぜひ、見本を見せる時間も上手に使いながら子どものやる気を高め、

より良い運動あそびの時間にしてみてください。

 

今日は、こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムから

「手を叩きながらスキップ」をご紹介します。

スキップをしながら、そのリズムに合わせて手を叩きます。

最初はゆっくりで良いので、「タン・タタン」のリズムで

手を叩きながらスキップをするようにします。

 

スキップをしながら手を叩くことで、リズム感や身体コントロール力、

2つのことを同時に行なう力を育てることができます。

 

うまくできない場合は、スキップだけ、手叩きだけと動きを分解して

練習していきます。

スキップが不安な子は、まずはスキップの上達を目指す必要があるので

手を叩かず腕を振って練習したり、片足ケンケンやギャロップで

手叩きを入れて行なっていきましょう。

また、スキップだけ、手叩きだけではうまくできても

合わさるとバラバラになってしまうことがあります。

その場合は、友達のスキップに合わせて手を叩いてみるのも有効です。

 

自分の段階に合った課題を1つ1つクリアしていき、

達成感を感じながら上達を目指していきましょう。