脳はただ活性すれば良いのではなく「静」と「動」のメリハリが重要です。

よく、「脳は活性すればするほど良い」と誤解されていることがありますが、

必ずしもそうではありません。

脳が一番活性しているのは、実はパニック状態の時です。

発達障害の子がパニックを起こすことがよくありますが、

あれは脳の広い範囲が活発になってしまっている状態です。

 

何かを集中して行なうためには、それを担当する脳の部分だけが

活発に働き、他の部分の活動は治まっているという「メリハリ」が重要です。

しかし、このメリハリは自分の意思でコントロールすることはできません。

脳のメリハリをつけやすくするために効果的なのが、

「運動すること」です。

 

子ども達におすすめなのが、朝体を動かして集中力を高めた状態で

授業に向かうことです。

寒くなりますが、朝から身体を動かして遊ぶ習慣を大事にしていきましょう。

 

今日は、こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムの運動あそびの

中から「ジグザグ片足クマ」をご紹介します。

 

床に縄やテープなどで1本線を引きます。

子どもは四つんばいから膝とお尻を上げたクマ歩きの姿勢から

片方の足だけを後ろに持ち上げた片足クマ歩きで、

この線の左右に手足をついてジグザグに進んでいきます。

 

手足が線に当たらないように意識しますが、線に意識を向けすぎると

顔が下に下がり体が丸まってしまうので、顎を開いて前を向いて

歩くように声掛けをしていきます。

 

手をついたら、足を振って横跳びをしてジグザグに進みます。

この動きで身体コントロール力が養われますが、腹筋背筋が弱いと

着地でバランスを崩して転んでしまいます。

また、重要なのが足をつく位置です。

足をつく位置が悪いと次のジャンプの時に踏ん張りがきかず、

縄を踏んでしまったり、うまくジグザグに進めません。

ゆっくりで良いので、1回1回のジャンプを確実にできるように

一人一人に声掛けをしてみてください。

 

苦手な子がいたら、よく観察してあげることで腕の支持力が弱いのか、

腹筋背筋が弱いのか、足の蹴り上げる力が弱いのか、

空間認知力が弱いのか、その子の補ってあげるべき力が見えてきます。

そしたら、それを補う遊びを取り入れて1つ1つステップアップして

いけるように運動あそびを提供していきましょう。