幼児期の発達に合わせた遊びで子どもの能力向上を促します。

幼児期の子ども達の体は、力の加減をコントロールして体を器用に動かす力や

タイミングよく動く力など、運動を調整する能力が著しく発達する時期です。

幼児期にこれらの力をしっかりとつけておくことが、

その先の運動機能の形成につながったり、怪我や事故を防ぐ、

将来の精神疾患リスクを下げるといったことにもつながっていきます。

 

現代の子ども達は、昔のようにこれらの力が生活の中で自然と身に付く

ことができにくくなっているので、大人側の意識で子ども達の

成長発達を促していくことが必要になっています。

 

今日は、こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムから

「回転いじわる縄跳び」をご紹介します。

 

床にビニールテープなどで四角をかいておき、子どもはその中から

出ないようにします。

そして大縄跳びを跳びますが、ジャンプの時に体を一回転させます。

さらに、いじわる縄跳びなので時々途中で縄を止めます。

縄が止まったらジャンプはしません。

 

床の四角からはみ出さないように回転ジャンプをしながら、

縄の位置を把握し続けることが大切です。

回転することに意識を向けすぎると縄が止まったことに

気付けなかったり、縄にばかり意識を向けていると四角から

はみ出してしまったりします。

 

リズム良く跳ぶ、一定の場所で跳ぶ、回転する、縄の動きを見て合わせる

という複数の動作を組み合わせることで、

巧緻性や調整力が養われ、体を器用に動かす力や柔軟な思考が身に付きます。

 

苦手な子は縄を一回転させずに足元で左右に揺らす小波跳びから

始めたり、縄を子どものジャンプに合わせて回すようにして

少しずつ上達を目指しましょう。