日常的な運動あそびが生活動作の向上や学力向上につながります。

今の子ども達の運動不足は深刻で、日常生活の中でもしゃがめない、

まっすぐ走れない、転びやすい、片足で立てないという子どもがとても多くいます。

また、小学校に上がっても落ち着きがなく集中力が続かない、

先生の話を聞けない、じっと座っていられないという姿が多くあります。

 

現代の生活環境の中で毎日適度に運動をすることは

意識しなければなかなか難しいことですが、困るのは子ども達自身です。

体を動かすことで基礎体力がついて怪我や病気も防げ、

心身の健康を保つことができるので、子ども達がしっかり体を動かすことが

できるように導いていくことが大切です。

 

さらに運動は学力とも密接に関わっているので、ぜひ幼児期からの

運動あそびを習慣付けていってほしいと思います。

 

今日は、こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから

「反復横跳びでフープ渡り」をご紹介します。

 

複数のフープをくっつけて並べ、反復横跳びをしながら

そのフープの中を渡っていきます。

反復横跳びの動きをしながらフープをまたいでいくのは

子ども達には難易度が高く、フープの中に両足を入れてしまったり、

リズム良く進めなかったり、歩いてしまったりすることがあります。

また、記憶の操作力が弱い子は最初の何個かはうまくできても

途中からリズムが乱れてバタバタ足になってしまったりします。

 

なかなかうまくできない場合は、

指導者が子どもの前に向かい合うように立って一緒に進んだり、

タイミングよく「またいで」と声をかけたりして行ない、

短めの距離でゆっくり確実に成功できるように促します。

 

慣れてきたら友達と2人ペアになって、向かい合って手をつなぎ

2人で一緒に進むことにも挑戦してみましょう。

リズム感や記憶の操作力、空間認知力などを養うことができ、

下半身の筋力アップにもつながるので、繰り返しできるように

工夫をしながら取り入れてみてください。