子どもが集団遊びを楽しむためには「動ける体」であることが大切です。

子ども達は4歳、5歳になると集団遊びができるようになってきますが、

集団遊びが楽しめるのは基礎力がついていることが前提になります。

例えば鬼ごっこでも、動けるから鬼につかまっても楽しいのであって、

動ける力がなければ毎回集団遊びで嫌な思いをすることになってしまいます。

まずは「動ける体」を作っていけるように、運動あそびで

基礎的な力を養っていくことが必要になります。

 

 

今日は、こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムの中から

「アヒルの柵越え」をご紹介します。

まずはアヒル歩きの確認をしておきます。

アヒル歩きはつま先立ちで足を開いてしゃがみ、手をくちばしと

しっぽのようにして歩く動きです。

お尻がだんだん上がってきやすいので、しっかり下げたまま

歩けるように気をつけます。

 

このアヒル歩きで、縄やゴム紐などで作った低い障害物をまたいでいきます。

アヒル歩きは、足を一歩出すごとに素早く体重移動をして

バランスを取りながら歩くので意外と難しい動きですが、

さらに障害物をまたいで歩くことでさらに強いバランス力や

足の指先の踏ん張り力が養われます。

 

苦手な場合は、指導者が前に立って手をつなぎながら行なうなどの

補助をしながら無理なく遊べるようにしてください。

得意な子は障害物の高さを少し上げたり、タイムを測ってみたり、

友達と競争してみたりしながら少しずつ難易度を上げて遊び、

さらに力の発達を促していきましょう。