逆上がりが苦手な子には適切な補助で成功体験を積めるようにしましょう。

鉄棒の逆上がりの達成は多くの子ども達が目指すものですが、

中にはなかなかできるようにならない子もいます。

逆上がりができない子ほど勢いをつけてやろうとするので、

腕を伸ばして鉄棒から体が離れた状態で回ろうとします。

そうすると足を蹴り上げる方向が上ではなく前になってしまうので、

なかなか逆上がりができなくなります。

 

そこで、補助をして回してあげますが、今日は腕と足を持ち上げる

補助の仕方をご紹介します。

まず、鉄棒を逆手で握り、しっかりと腕を曲げて脇を締めたら、

片方の足を鉄棒よりも前にくるように大きく出します。

もう片方の足は引いているので、横から見ると「足→鉄棒→足」の順番です。

 

補助者は、子どもが後ろに引いている方の足側に立ちます。

だいたいの子は右利きで右足を引いていることが多いので、

その場合は子どもの右側に立ちます。

そして、左手を鉄棒の下をくぐらせたら、子どもの肘の後ろを押して

持ち上げてあげるようにします。

右手は、膝の裏の辺りを持って足を持ち上げてあげます。

こうすると、体が鉄棒から離れることなく回ることができます。

 

また、前回りは怖くてできなくても、逆上がりは指導者の補助があれば

できてしまうことが多いので、前回りが怖くて苦手な子には

まずはこの補助付き逆上がりで回転感覚を覚えてもらうことも有効です。

 

失敗経験を重ねながら習得するよりも、成功体験を積み重ねながら

少しずつ力をつけてステップアップしていくことが大切なので、

ぜひ正しい補助を覚えて楽しく鉄棒遊びを行なってみてください。