子どもにとって「動ける」ことはそれだけでステータスになり、自信につながります。

「逆上がりができる」「速く走れる」「跳び箱が跳べる」など、

動けることというのは、子どもにとってステータスになります。

 

 

成功体験をすることで、ドーパミンやセロトニンといった脳内物質の

分泌が盛んになりますが、これは私達がわくわくしたり幸せを感じた時に

分泌されるもので、いわゆる充実感を感じることができます。

 

そして、この達成感や成功体験は多くあればあるほど自信につながり、

その後の活動の基にしていくことができます。

 

そこで、大きな成功体験を1つよりも、小さな成功体験をより多く感じることが

できるように運動遊びを行なっていくことが大切です。

 

今日は、こどもプラスが提供する柳澤運動プログラムの中から

「跳び箱1周跳び」をご紹介します。

跳び箱を使いますが、跳び越しはしません。

跳び箱の上に両手をついたら、ジャンプしながら時計回りに回っていきます。

 

ポイントは、手の指をしっかりパーに開いて、両手を蝶々のように

くっつけてつくこと、足を揃えてできるだけ高くジャンプをすることです。

速く周ろうとすると、足がバラバラになったり、高く跳べないなど

ジャンプがおろそかになってしまうので、

最初に良い見本と悪い見本をわかりやすく見せておくと良いです。

 

慣れてきたら、ジャンプをしながら空中で足裏を合わせる

足打ちをしてみると、足を高く上げたジャンプがしやすくなります。

足が高く上がるようになると前のめりに落ちる危険も出てくるので、

顎を開いて目線を前にして行ない、補助もついて行いましょう。

 

腕の支持力や跳躍力、バランス力、空間認知力などを

身につけていくことができ、跳び箱の跳び越しにもつながります。