土踏まずの未発達は子ども達の成長に大きな影響を及ぼします。

私達人間の足裏には「土踏まず」がありますが、

この土踏まずは生まれた時からあるものではありません。

立って歩けるようになって、足の筋肉を使うことで発達していきます。

そして5歳~6歳頃には、ほとんどの子ども達の土踏まずが

形成されるはずなのですが、最近は土踏まずの未発達な子がとても増えています。

 

土踏まずがあることでバランスよく立てるようになり、

スムーズな歩行ができるようになります。

また、衝撃を吸収してくれる役割もあるので疲れにくくなります。

 

土踏まずの形成に必要なのは、まず足の指先をよく使うことです。

足の機能が衰えてしまう前に、幼児期からの歩く、走る機会を増やして

足裏の発達を促していきましょう。

 

今日は、こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから

「坂道スキップ」をご紹介します。

 

坂道をスキップで進んでいく遊びです。

屋外の坂道を使っても、屋内で坂を作って行なっても良いです。

ポイントは、腕を大きく振ることと、足の親指で地面をしっかり蹴ることです。

急ぐことではなく、一定のリズムで高くジャンプをして

進むことを大事にしましょう。

 

坂道なので平地でのスキップよりも強く地面を蹴り上げることが

必要になります。

そして、重力に負けて体が横にブレてしまわないように、

腹筋背筋に力を入れて行なうことも大切です。

 

坂が急すぎたり距離が長すぎたりすると、疲れて嫌になってしまったり

転びやすくなるので、最初のうちは緩やかな坂で短めの距離で行います。

また、苦手な子は片足ケンケンから始めたり、上手な子と手をつないで

もらったりしながら、少しずつ上達を目指せるようにしましょう。