ボディイメージの弱さは生活面でも影響するので、運動あそびで効率的に高めていきましょう。

最近の子ども達はボディイメージが弱いことが多く、

体の動かし方がぎこちなく運動が苦手だったり、

衣服の着脱が苦手だったり、転びやすかったり生活にも支障が出ています。

 

ボディイメージを高めるには体を動かすことが効果的ですが、

子ども達には遊びながらできる運動あそびが継続しやすいので、

力をつけるには最もおすすめです。

 

今日は、こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから

「まねっこ遊び」をご紹介します。

指導者の言葉と動きをまねする遊びです。

 

指導者が「頭」「お腹」「お尻」など体の部位を言いながら

その部分を触るので、子ども達も同じように言葉で言いながら

その部分を触ります。

 

ただ動きをまねするだけでなく、言葉も発することがポイントです。

そうすることで言葉の理解を促したり、相手の言葉に集中する力を

養うことができるので、普段人の話に耳を傾けにくい子にもおすすめです。

時々指導者が間違えたフリをして、引っ掛けを入れたりすると

より言葉に意識を向けることができ、盛り上がって楽しめます。

 

そして、集団の中で大きな声を出すことで、人前で声を出すことへの

抵抗が減り、普段から自分の意見を言うことができやすくなります。

 

運動あそびによって、日常生活に活かせる力をたくさん

身に付けていくことができるのが柳澤運動プログラムです。

楽しい遊びで、子ども達の成長発達を促していきましょう。