子ども達が運動を好きになれるように段階に合ったものの提供がポイントです。

子ども達には毎日体を動かしてもらいたいですが、

まだ年齢の幼い子や普段あまり運動をしていない子、

運動に苦手意識のある子に運動あそびを提供する時は、

最初から難しい運動をやらせてはいけません。

 

まずは体を動かすことが楽しいと感じてもらうことがポイントで、

そうでなければ子ども達は運動を継続していくことができません。

そこで、こどもプラスの柳澤運動プログラムでは子ども達の興味を

誘うように細かな工夫も大切にしています。

 

例えば動物のまねごっこなどをして遊びますが、

遊びの導入の時にも「森の中に住んでいて、4本足でのっしのっしと

歩く動物はだれだ?」とクイズ形式にしたり、

シルエットカードやジェスチャーなどを使ってみるのもおすすめです。

 

子どもの興味を引き付け、「やってみたい」と思わせることが

できたら、後は実際にやってもらいながら一緒に遊んでいきます。

 

今日は、柳澤運動プログラムの「高速カップタッチクマ」をご紹介します。

2~3色のカップを複数用意し、間を空けてジグザグに並べます。

 

子どもは四つんばいから膝とお尻を上げたクマ歩きで、

指定された色のカップだけをタッチして進みますが、「高速」なので

できるだけ速いスピードで進んでいきます。

 

急ぐ中でも、指定された色のカップをしっかりタッチしていけるように

することが大事なポイントです。

「赤だけ」など簡単な指示から「バナナの色とトマトの色」

「赤を2つの後に黄色を3つ」、「赤→青→黄色の順番で繰り返し」

など少しずつ複雑な指示に発展させていきましょう。

 

子ども達の判断力、語彙力、イメージ力、記憶力を刺激し、

バランス力、身体コントロール力も遊びながら育てていくことができます。

得意な子、苦手な子それぞれに合った声掛けや難易度調整をしながら、

楽しく提供してみてください。