幼児期は特定のスポーツだけではなく遊びながら体を多種多様に動かしましょう。

日常的に運動をしている子どもと全く体を動かさない子どもの

二極化が進んでいると言われています。

そして、運動をしている子どもでも、習い事で特定のスポーツを

しているだけのことが多いので、運動能力の発達を見ると

不バランスなことがほとんどです。

 

幼児期の子ども達の体には、多種多様な動きの経験が必要です。

それは現代の生活環境ではなかなか自然に経験できなくなっているので、

運動あそびで子ども達の成長発達を促していくことが最適です。

 

 

こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムの運動あそびの中から

「つま先ダッシュ」をご紹介します。

 

子ども達はつま先立ちで、足音をできるだけ立てないよう静かに走ります。

走っている時も、ゴールした後もかかとはつきません。

 

静かに走るためには、小股で膝の曲げ伸ばしをうまく使うなど

いくつかポイントがあるので、子ども達にどうしたら音を立てずに

走れるのか意見を出してもらっても良いと思います。

 

このつま先ダッシュでは、足の指先で地面を蹴る力や土踏まずの

発達を促すことができます。

今はこの指先の力や土踏まずが未発達な子が多く、

バランスがとれずに転びやすかったり、歩き方がぎこちなく

ロボットのような動きになっている子が多くいます。

 

こうした遊びの中で足裏をしっかり刺激し、

日常生活での動作の向上や怪我の予防、

そして速く走れることで子どもの自信につなげていきます。

 

寒くなってきましたが、できるだけ裸足での活動を続け、

子ども達の怪我や病気に負けない強い体作りをしていきましょう。