子ども達の運動不足は、生きていくのに必要な力の発達を阻みます。

 子ども達の運動能力の低下に伴って、生きていくのに必要な

様々な能力の不足、日常生活への影響が問題になっています。

 

例えば、転びやすく、顔から転んで前歯を折ってしまう。

飛んできたボールが避けられない。

少しの高さから跳び下りただけで足を骨折してしまう。

など、一昔前には考えられなかったような大きな怪我が増えています。

 

また、体の使い方がわからず、自分の体を自分でコントロールできなかったり、

感情のコントロールも苦手になっているので、

すぐに友達に手を出してしまったりしてトラブルが絶えません。

 

このような力を補うために必要なのが「運動あそび」です。

今日は、こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムの中から

「平均台障害物渡り」をご紹介します。

 

平均台の上に、最初は3~4つのカップや積み木などの

障害物を間を空けながら設置します。

この障害物に当たらないように気をつけながら、

平均台の上をつま先歩きで渡っていきます。

 

障害物に当たらないように歩くために、障害物の位置を正確に捉えて

それに歩幅を合わせていくので、空間認知力が養われます。

背すじを伸ばして、両手を広げて歩くと安定して進めます。

 

慣れてくると子ども達はスピードを競いたがりますが、

落下のリスクが増すだけでなく

1つ1つの動きが疎かになってしまいます。

そこで、渡っている子どもの頭の上を、新聞紙の棒などでスイングさせ、

その棒に当たらないようにしながら障害物渡りをしていくと、

さらにバランス力の強化や、上手な身のこなしが身につきます。

 

日常生活での怪我を防ぐことにもつながるので、

たくさん遊びこみ、しっかりと基礎的な力を身に付けられるように

促していきましょう。