運動不足から運動嫌いにという悪循環にならないために小さい頃からの運動習慣が大切です。

体の機能は、脳も筋肉も使わないと発達しないばかりか退化します。

使わないから機能が低下し、少し使うと疲れてしまうので

ますます使わなくなる。

運動なら、運動不足によって思うように動けないから

おもしろくなくて動かなくなり、ますます動けなくなるという

悪循環に陥ってしまいます。

 

そうならないためにも、小さいうちから体を動かすことを

好きになり、動ける体を作っておくことが大切です。

 

こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから、

「逆グーパー」をご紹介していきます。

全身を使ったグーパー遊びです。

 

まず、両手は腕を曲げて胸にくっつけるグー、

足は横に大きく開くパーの姿勢になります。

次は手をまっすぐ伸ばして大きく開くパー、

足はピタッと閉じるグーにします。

手と足が逆の動きになることを、まずは理解する必要があるので

何度か繰り返して確認していきます。

 

そしたら、これをジャンプしながら行います。

最初はゆっくりのスピードで行ない、少しずつ速いスピードにしていきます。

 

手と足が別の動きをするので、手と足のそれぞれにしっかり意識を

向ける必要があり、動きをコントロールする力が育ちます。

最初からジャンプをして動きを切り替えたり、速いスピードで行なうのは

子ども達にはとても難しいので、段階を追って練習しながら

ステップアップしていきましょう。

 

この遊びを繰り返していくことで、日常生活での集中力や抑制力につながります。

失敗しても良いので、楽しく取り組めるように工夫して

提供してみてください。