2つのことに同時に意識を向ける力も運動あそびで身に付けていけます。

私達の脳は、基本的には1つのことしか考えることができません。

しかし日常生活の中では、2つのことを同時に行なわなければいけない

場面が意外とたくさんあります。

子どもは特にそれが苦手なので、大事なことが疎かになってしまったり、

やるべきことを忘れてしまったりします。

 

運動の場面でも2つのことを同時に行なうものはたくさんあります。

運動することで、遊びながら効率的に力を身に付けていくことができます。

 

私達こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから

「タンバリン両手タッチ」をご紹介します。

1段の跳び箱と2つのタンバリンを用意します。

 

跳び箱の前に2つのタンバリンをかざし、子どもは跳び箱の上から

ジャンプしたら、その2つのタンバリンをそれぞれの手でタッチしてから

着地をするようにします。

着地では足を揃えてピタっと止まれるように促しましょう。

 

タンバリンの位置が跳び箱から離れていたり、

2つのタンバリンが左右に離れすぎていると難しくなります。

着地でバランスを崩して危ないので、

最初は、跳び箱の近くで左右のタンバリンを近めにして行います。

 

この遊びでは、高所感覚やバランス感覚、全身のクッション性を養い、

跳びながらタンバリンにタッチするという複数のことに

同時に意識を向ける力を育てることができます。

 

うまくできない子には、高さが怖かったり、一度に複数のことを

行なうのが苦手だったりと、できない子達の中にも個々に理由があるので、

しっかり理由を見極め、苦手を補うような遊びを取りいれて

いくようにしましょう。