スムーズな技術習得には段階を追った運動あそびで成功体験を重ねることが大切です

縄跳びには大縄跳びと短縄跳びがありますが、

短縄跳びは自分で縄を回しながらタイミングを合わせて跳び越すので

大縄跳びよりも難易度が高くなります。

 

最初から縄を持った練習をすると、引っ掛かってばかりで

練習が進まないだけでなく、失敗経験ばかりが積み重なってしまいます。

腕回しとジャンプのタイミングが合わないうちは

縄を使わずに腕を回しながらジャンプをする練習をしましょう。

タオルを持って回しながら練習するのもおすすめです。

 

そして、腕回しとジャンプのタイミングが合ってきたら

実際に縄を持って跳ぶ練習をしていきます。

 

まずは縄が足の後ろにある状態から始めます。

縄を頭の上から回してきて床についたら、跳び越します。

そのまま前にジャンプして進んでいき、友達と競争してみたりしながら

目の前に来た縄を跳び越す練習をしていきます。

 

それができたら、次は前に進まずにその場でジャンプしながら

前回し跳びを習得していきます。

縄を両手同時にスムーズに回すこと、その場でのジャンプができること、

動いてくる縄にタイミングを合わせて跳び越すこと、

いろいろなポイントがありますので、

できない子がいたらどの力を補うべきかを見極めて運動あそびを提供し、

段階的にステップアップを目指していくことが大切です。