運動ができなくても生きていけますが、できた経験は子どもの自信になります。

走るのが遅くても、跳び箱や縄跳び、逆上がりができなくても

生きていけるし、大人になって困ることもありません。

しかし、かけっこで1位がとれた、友達より速く逆上がりが

できるようになった、ということは子ども達にとって

ステータスになり、大きな自信につながります。

そうしてつけた自信は、運動のみならず勉強や得意な才能を伸ばすこと、

良好な人間関係を築くことなど多くのことにつながっていきます。

 

運動に苦手意識のある子でも、発達段階に合ったやり方を

スモールステップで行なっていくことでスムーズに習得していくことが

できるので、まずは遊びながら体を動かし、

運動を楽しいと思えるようにしていくことが第一歩です。

 

私達こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから

「ウシガエルの跳び乗り」をご紹介します。

 

コースの先に1段の跳び箱を置いておきます。

子どもは足を開いてしゃがみ、手→足→手→足の順番に前にだして

進むウシガエルで跳び箱まで行きます。

跳び箱に着いたら、跳び箱の上に両手を揃えてつき、

足を開いて跳び箱の上に跳び乗ります。

 

この時、目線が下に向いていると不安定になり恐怖心が増すので、

跳び箱に手をついたら目線は前に向けておきましょう。

上手にできる子でも、足が跳び箱に引っ掛かって転ぶことがあるので、

必ずマットを敷き、補助者が跳び箱の前で待機するようにします。

 

また、基本のウシガエルの動きをしっかりやり込んだ状態でなければ

怖くてできなかったり、怪我をする危険が高まるので、

ウシガエルさんをしっかり遊びこんでから取り入れてください。

 

ウシガエルの遊びを段階的に行なっていくことで、

跳び箱の開脚跳びがスムーズに習得できます。