小さな目標をたくさんクリアしていくことが子ども達の自信につながります。

保育園や幼稚園・小学校では、鉄棒・跳び箱・縄跳びといった運動は

ほとんどの子ども達が取り組むことになります。

そしてこれらの運動は、子ども達が苦手意識を持ちやすい

運動でもあります。

 

少しがんばったら達成できる小さな目標を1つずつクリアしていくことで、

自信をつけながらスムーズに技術習得を目指すことができます。

運動によってつけた自信は、子ども達にとって大きな自信となり、

勉強や人間関係など今後必要な多くの力の土台になります。

 

まずは体を動かすことが楽しいと感じることができるように

楽しい運動あそびを提供していきましょう。

 

私達こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから

「しゃがみカニ歩き」をご紹介します。

 

平均台の上に横向きに乗り、足を開いてしゃがみます。

両手はカニのはさみのように顔の横でチョキにしたら、

背すじを伸ばしてつま先立ちで横歩きをしていきます。

 

つま先立ちでのしゃがみ横歩きは、かなりのバランス力、

つま先の踏ん張り力が必要になります。

最初から平均台の上ではなく、平地で練習してから行いましょう。

 

 

しゃがみながら横歩きをするのは、前に歩く「アヒル歩き」よりも

難易度が高くなります。

さらに手をチョキにして顔の横で固定することで

バランスが取りにくくなるので、なかなか進めない場合は

チョキにしなくても良いので、横歩きに集中できるようにしましょう。

また、バランスが悪く、手や膝をついてしまう子には

手をつなぐ補助をしてあげてください。

 

この遊びでは、バランスをとるために全身の筋力調整をします。

この筋力調整によって、普段先生の話を聞く時に体を静止させて

聞くことができるようになったり、運動の場面で体を器用に動かすことも

できるようになってきます。

 

今の子ども達が苦手な力をたくさん刺激することができるので、

ぜひ日常的に取り入れてみてください。