子ども達の動ける体作りを、運動あそびを通してしていきます。

最近の子ども達は、体を動かす機会の減少から体をうまく使いこなすことが

できていなかったり、基礎筋力の低下や関節の硬さも目立っています。

昔の子ども達と比べて、身長や体重、手足の長さなど体格は良くなっているのに

その体を使いこなせていないのはもったいないことです。

 

まずは「動ける体」を手に入れることができるように、

遊びながら基礎的な力を育てていきましょう。

 

こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから

「トンネルくぐりワニ」をご紹介します。

 

子ども達は2人組みになり、じゃんけんをします。

じゃんけんに勝った人は、その場で足を開いてトンネルを作ります。

じゃんけんに負けた人は、そのトンネルをうつ伏せで這う

ワニ歩きでくぐり抜けます。

 

ワニ歩きのポイントは、胸までしっかり床につけてうつ伏せになり、

両手は交互に前に出して体を引き付けるようにして進みます。

腕の力だけで進めない場合は、足を付け根から大きく開いて、

足の指先で地面を蹴りながら進むようにします。

 

トンネルをくぐる時は顔を上げたりするとぶつかって

危ないので、顎が地面につくくらい低い姿勢で行なうようにします。

最初に指導者が見本を見せる時、低い姿勢で進む良い見本と

頭を上げてトンネルにぶつかる悪い見本の両方を

わかりやすく見せておきましょう。

 

トンネルを作る時の姿勢を変えてみたり、じゃんけん列車のように

つなげていったりしながら、楽しく遊んでみてください。