脳の司令塔、前頭前野を運動あそびで活性化させましょう。

脳の中でも前頭前野は、脳の司令塔と呼ばれる場所で

思考・意欲・抑制・記憶・コミュニケーション・創造・感情のコントロール・

意思決定・集中など私達が社会の中で人間らしく生きるために

必要な能力を司っています。

 

この前頭前野は、加齢やストレスの影響を受けやすい一方で

良い刺激を与えて機能を活性化することができます。

前頭前野を活性化させるために最も効果的な方法が

「運動」です。

それも少し汗ばむ程度の軽い運動が良い効果をもたらすので、

子ども達であれば体を動かす遊びがとてもおすすめです。

 

今日は、こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムから

「片足クマの通院」をご紹介します。

 

まずは片足クマに変身します。

四つんばいから膝とお尻を上げたクマの姿勢から、

片方の足を後ろに上げます。

 

この片足クマの姿勢で、今回はでこぼこした足場の悪い道を歩きます。

マットの下に積み木やタオル、棒などの障害物を入れて

でこぼこの道を作ります。

この不安定な足場を片足クマで歩いていくことで

強いバランス力が育ち、毎回手をつく位置を考えながら進むことが

必要になるので先を読む力や体の動きをコントロールする力もつきます。

 

ゆっくりで良いので転ばないように進み、顔は下を向かず

進行方向を見るように声掛けします。 

コースはマットを2~3枚つなげて長くしたり、

いろいろなアレンジを加えていきながら、繰り返し遊ぶことが

できるように工夫してみてください。