自分を抑制する「ブレーキ」の働きが弱い子ども達が増えています。

私達の脳には、欲求を満たすための「アクセル」の働きと、

その欲求を抑制する「ブレーキ」の働きがあります。

これがうまく働くことで、行動や感情をコントロールしています。

将来のために努力したり、自分を抑制してコントロールができるのは

人間だけが持っている能力です。

 

「アクセル」の部分は本能なので、生まれた時から備わっていますが、

「ブレーキ」の部分は、生まれつき発達しているわけではなく、

成長発達の過程で体験や経験を通して育っていきます。

しかし、最近は「ブレーキ」の働きが弱い人が増えてしまっています。

 

子ども達の「アクセル」と「ブレーキ」の能力を発達させるために

効果的なのは、体を動かして遊ぶことです。

子どものうちに思いっきり体を動かして遊ぶことで、「脳力」も

アップさせ、人生の土台作りをしっかりとしておくことが大切です。

 

こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムは、

子どもの基礎体力や筋力、運動能力を遊びながら高めることができ、

今後社会の中で生きていくために必要な社会性やコミュニケーション能力、

集中力、判断力、抑制力、記憶力などを効果的に身に付けていくことができます。

また、子どもの発達段階に合わせてスモールステップで進めていくので、

多くの成功体験を積むことができ、自分に自信を持ちながら

物事に意欲的に取り組む力がつきます。

 

このプログラムの中から「カンガルーがころんだ」をご紹介します。

「だるまさんがころんだ」を、両足をくっつけて跳ぶ

カンガルージャンプで行います。

 

最初から最後まで走らず、カンガルージャンプを維持することが

ポイントなので、途中で走ってしまわないように約束しておきます。

どうしても走ってしまったり、足がバラバラのジャンプになってしまう時は、

ハンカチや紙などを膝の間に挟んで行なうと良いです。

 

鬼の「カンガルーがころんだ」の声に合わせて、動く、止まるを

繰り返すので、静と動のメリハリが身につき、リズム感も養われます。

また、人のタイミングに合わせて動くことは脳に良い刺激を与え、

感情のコントロール力を身に付けることにもつながります。 

 

2回目3回目は他の動物の動きで行なってみたり、

止まるときのポーズを決めてみたりしながら、楽しく遊べる工夫をして

繰り返し遊んでいきます。

 

抑制力の強い遊びなので、こうした遊びの後は、思いっきり走って

発散できるようなものを取り入れることも大切になります。

子ども達の様子をよく見ながら、より良い運動あそびの時間に

なるように工夫してみてください。