日常生活で身につきにくくなっている力を運動あそびで効果的に育てていきましょう。

今の子ども達は、日常生活の中で「足で踏ん張る」という動作を

ほとんどしなくなっています。

裸足で生活することが減っていることや、体を動かす機会の減少などの

原因があり、この踏ん張る力を育てるためには、

裸足での運動あそびが一番効果的です。

 

中でも裸足での雑巾がけが一番良いですが、なかなか場所や機会が

ないと思うので、遊びとして取り入れていくのがおすすめです。

こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから

「のれんくぐりクマ」をご紹介します。

 

鉄棒にマットを布団干しのようにかけて、

四つんばいから膝とお尻を上げたクマ歩きでそのマットを

頭で押しながらくぐっていきます。

こののれんは2つや3つ設置しておき、連続でくぐっていけるように

すると良いです。

 

マットはかなり重さがあるので、足でグッと踏ん張る力が身に付きます。

ただ、途中で膝をついてハイハイのようになってしまうことがあるので、

最後まで膝をつかずに歩いていけるように声掛けします。

 

また、マットを押す時には額ではなく、頭のてっぺんで押すと

楽に進んでいくことができます。

これは、子ども達が自分でやっていく中で見つけることができるように

1回ごとに子ども達に聞きながら引き出していっても良いと思います。

見ている子達も一緒に考えながらできるように促していきましょう。

 

そうした中で、コミュニケーション力を養っていくこともできるので、

運動あそびの時間をより良いものにしていけるように

ぜひいろいろな工夫をしてみてください。