現代の子ども達の生活は生きるための力を身につけにくくなっています。

最近子ども達の1日の過ごし方は、一昔前と比べて大きく様変わりしています。

友達と外で遊ぶよりは家でテレビやゲーム、スマホなどで遊ぶ時間が多く、

塾や習い事で夜まで忙しくしているので、

人と話をしたり関わることが少ない、体を動かすことも少ない

生活になってしまっています。

こうした生活は、子ども達が社会の中で生きていくのに必要な

あらゆる力の発達を阻んでしまっています。

 

しかし、家の中で楽しく遊べるものがこれだけたくさん溢れていて

大人でさえ夢中になっているのですから、

子どもだけ外に出て遊べというのは無理な話です。

塾や習い事で時間がないことも事実なので、

できるだけ家庭内でもコミュニケーションの時間を取り、

少しでも体を動かす習慣を取り入れていってほしいと思います。

 

こどもプラスでは、子ども達が遊び感覚で取り組める楽しい

運動あそびを提供しています。

今日はその運動プログラムの中から「クマの足スキップ」をご紹介します。

 

まずは四つんばいから膝とお尻を上げたクマさんの姿勢になり、

顔を上げて前を向きます。

手はついたままで動かさずに、足だけでスキップの練習をします。

指導者は「1,2,1,2」の掛け声で、子ども達がリズムを

取りやすいように促しましょう。

 

その場での足スキップがスムーズになったら、ゆっくり前に進みます。

前に進む時には、手は「1,2,1,2」のリズムですが

足は1回に3歩進むリズムになります。

そのため、頭の中で手と足の動きに別々に意識を向けて

動かすことが必要になります。

速く進もうとすると大人でも難しいくらいなので、

ゆっくりで良いのでリズムを大事にして行なっていきましょう。

 

慣れてきたらカーブやジグザグのコースを進んでみたり、

 

リレー形式にしてみたりしながら、楽しく遊んでみてください。