軽い運動が脳の認知機能を高め、学習や日常生活での能力アップにつながります。

運動と認知機能の関係については多くの研究がされ、

様々なことがわかってきています。

認知機能とは注意力や集中力、判断力、計画・行動能力など、

物事を正しく理解して適切に実行するための機能です。

 

子どもであれば、学力や生活力の向上につながる基礎の力になります。

この認知機能は、10~15分程度の軽い運動で高まるということが

わかっているので、子どもの力を最大限に引き伸ばすためにも

毎日の運動(体を動かす遊び)を習慣付けていくことがとても大切です。

 

こどもプラスでは、子ども達が遊び感覚で継続しやすく、

日常生活で必要なあらゆる力を身につけていくことができる

楽しい運動あそびを提供しています。

 

 

その運動プログラムの中から「並びゲーム」をご紹介します。

子ども達は、指導者が指示をした通りに並びます。

 

例えば事前にカラー帽子で色分けをしておいて、

「黄色い帽子の人は跳び箱の前。白い帽子の人は鉄棒の前に並びましょう」

他にも

「男の子はめがねをかけた先生の前。女の子は帽子をかぶった先生の前。」

「りんごグループの人は2列で赤いカードの前。

 バナナグループの人は1列で黄色いカードの前。」

など、

様々な条件やキーワードで指定しながら並んでもらいます。

 

壁に絵カードや色画用紙を貼ったり、カラーコーンや固定遊具など

あらゆるものをふんだんに使いながら、子ども達の語彙力や判断力、

記憶力、そして気付く力を育てていきましょう。

 

最初から複雑な指示だと難しくてつまらなくなってしまうので、

わかりやすい単純なものから始めていき、少しずつ難易度を上げるように

していってください。