勉強も運動も繰り返し行なうことで脳の神経回路のつながりを強化することが大切です。

私達の脳の中にはたくさんの神経細胞がネットワークを作っています。

このネットワークは、産まれた時にはまだ未熟な状態で

その後様々な刺激を受けて広がり、強化されていきます。

 

この神経のつながりは、使わなければ弱くなり、

繰り返し使われることで太く強固なものになっていきます。

ど忘れや「前はできたのにできなくなった」ということは

私達の日常でよくあることですが、

これは長く使わなかったために、つながりが弱くなっている状態です。

 

繰り返し使ってそれをより強固なものにしておけば、

勉強でも運動でも日常のことでも、

そこからさらに考えを発展させたり応用していくことができます。

 

なので、子ども達に身に付けて欲しい力がある時は

繰り返し行なうことができるように、子ども達の興味をひき、

「やってみたい」と思えるようなものを提供することがポイントです。

 

今日は、こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムから

「ポイントジャンプ」をご紹介します。

A4サイズのマットやダンボールなどを複数用意し、

間隔を空けて床に配置します。

 

まずはこの上を両足を閉じたジャンプで渡っていきます。

ポイント同士の間隔をランダムにすることで、

頭の中で動きのシュミレーションが行なわれ、

ジャンプの距離や力の入れ具合を計算するので

空間認知力の刺激になります。

 

また、速く渡るためにはどの道順でジャンプしていけば良いか、

着地でどんな体勢をとれば速く連続ジャンプができるかなど

様々なことを考え、先を読んで動く力もつきます。

 

慣れてきたらポイントに複数の色をつけて、

「乗っていい色」「乗ってはいけない色」を指定したり、

「赤→青交互に」「赤→黄色→青の順番で」「赤を3回青を2回」

など色の指示を出しながら、

着地で音を立てないことや、一定のリズムでジャンプしていくことなど

少しずつ目標をクリアできるように、繰り返し遊んでいきましょう。