楽しく遊ぶために、子ども達の「動ける体」を作っておくことも大切です。

子ども達というのは、日々の遊びの中で想像力や創造力を養い、

探求する喜びや楽しさを感じながら成長していきます。

いつも親の目の届くところで、用意されたおもちゃばかりで

遊んでいても、なかなかこれらの力を身に付けることができません。

 

子ども達が自分で考えながら思いっきり遊ぶことが

できる機会を、増やしていってあげることが大切です。

そのためにも、まず「動ける体」にしておくことが必要です。

 

こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムから

「ジグザグスキップ」をご紹介します。

 

床にテープ等で幅のあるジグザグコースを作り、

その中をスキップで進みます。

コースからはみ出さないように進むには、
ジグザグのコースをしっかり視覚で捉えながら

全身の動きをコントロールして、スキップをする必要があり、

空間認知力や先を読む力、身体コントロール力など
多くの力が必要になります。

スキップは、腕を振るタイミングとジャンプのタイミングを合わせて
一定のリズムで進む動きなので、一度に複数のことに意識を
向ける必要があり、とても頭を使う動きです。

スキップ自体がスムーズにできることが前提になるので、
スキップ遊びが十分に上達してから取り入れ、

最初はコースの幅を広めにとるなど、
無理なく取り組めることを大事にしながら
体を器用に動かす巧緻性を強く育てていきましょう。