運動あそびを提供する時は、子どもがどこまでできているかを把握することも大切です。

「ウシガエル」の動きは、足を開いてしゃがみ、両手をパーにして

中に揃えてつき、手→足→手→足の順番に前に出して進む動きです。

 

跳び箱の開脚跳びや側転の動きにつながる

とてもおすすめの動きですが、ただ繰り返しているだけでは

楽しくないし、子ども達がどこまでできているのかを把握していなければ

スピードをつけていいのかいけないのかがわかりません。

 

そういう時には、スタートの時にチェックをすることができます。

ビニールテープなどで床に2本の線を引き、

線路に見立てたものを作ります。

まず手を線路の中についたら、足を揃えて右にジャンプします。

次は線路の左側にジャンプします。

次は後ろにジャンプで下がって、足を開いて前にジャンプします。

 

この動きが素早くできるかどうかで、自分の体をしっかり支え、

コントロールできているかがわかります。

最後の足を開いて前に跳ぶ時には、足が手よりも前に出ているかが

ポイントになるので、同時に確認します。

 

この動きが速くできない子は、ウシガエルで勢いをつけると

途中で転んでしまうリスクが高くなります。

補助につく必要があるかどうかを見極める判断材料にもなるので、

ぜひやってみてください。